夏に外壁塗装はできる?わかっておきたいメリットデメリット

夏塗装工事足場

 

「そろそろ外壁塗装をしたいけど、夏にしても大丈夫かな?」と気になっている方、いらっしゃいませんか?
もちろん夏でも外壁塗装はできます!
ただし、夏に外壁塗装をするメリットやデメリットがそれぞれありますので、理解した上で業者にご相談をすることをおすすめします。

 

暑い夏でも外壁塗装は可能

先述した通り夏に外壁塗装はできますが、下記条件を満たすことが必要です。

  • 気温が5℃より高いこと
  • 湿度が85%未満であること
  • 強風や降雨、降雪ではないこと
  • 結露が発生していないこと

この条件を満たさない場合に無理やり工事をしてしまうと、外壁の剥がれなどの施工不良の原因となってしまいます。
ただし、洗浄や足場を設置するなどの塗装以外の工程については、必ずしも条件を満たす必要がないため工事を進められます。

 

気になる!夏の外壁塗装のメリットとデメリット

夏の外壁塗装のメリット

メリット1:日照時間が長いから作業時間が多い

夏は気温が高く湿度が低い日が多いことと日照時間が長いため、作業時間を十分に確保することができます。
冬の場合は日照時間が短く、遅れてしまった作業を翌日に持ち越すこともありますが、夏は工事が遅れてしまってもその日中に終えることができ、工期が延長しにくいという特徴があります。

 

メリット2:スケジュールの希望が通りやすい

外壁塗装の人気時期は春と秋です。そのため、夏は比較的にお客様の希望に沿ったスケジュールで工事をしてもらいやすいです。
ただし、実際に工事をするまでには、現地調査や見積もりなどする必要がありますので、余裕を持ってご相談ください。

 

メリット3:塗装が乾燥しやすいから作業がスムーズ

夏は気温が高いため、塗料が乾燥しやすく次の作業へと進めやすく、結果的に工事が短くなることもあります。
塗料には乾燥の目安時間・期間があり、しっかり乾燥して硬化させることで塗料の性能を発揮します。
乾燥が不十分で硬化しきらない状態で重ね塗りをすると、外壁の剥がれのなど施工不良の原因になりますので注意が必要です。

 

夏の外壁塗装のデメリット

デメリット1:お盆期間は工事がストップする

メリットとしてスケジュールの希望は通りやすいとお話ししましたが、お盆の期間は業者も休暇に入ります。
お盆期間は工事ができないため、トータルの工事日数も長くなってしまいます。
お盆前に終わらせるかお盆後から始めるか、余裕を持ったスケジュールでご相談ください。

 

デメリット2:夏の夕立で工事の中断

夏は突然、夕立が降ることがあります。
雨が降ってしまうと下記3つのことから、塗料の性能が落ちるため塗装工事ができなくなってしまいます。

  • 雨と混ざり塗料が薄まってしまう
  • 乾燥できず効果ができない
  • 表面にできたクレーターで効果がムラになってしまう

事前に雨天用のシートやカバーをするなどして、雨の影響を最小限にすることもできます。

 

夏の外壁塗装するなら余裕を持つことがポイント

夏に外壁塗装をする場合には、余裕を持ったスケジュールを立てることが大切です。
塗料が乾燥しやすい季節で工期が短くなる可能性は大いにありますが、お盆期間や夏の夕立などの天候も含めたスケジュールを立てておくと安心です。
これから外壁塗装をお考えの方やスケジュール似お悩みの方は、一度スペースシステムズへお気軽にご相談ください!